葬式前後の対応詳細

フラワー

地域性に合わせた準備

座間市で葬儀を行うときは、他の地域と比較して独自性の強いしきたりがないのが特徴です。ただし、葬儀前後の準備では、座間市ならではの事情もあるので把握しておきましょう。まず、亡くなってから葬儀までの間ですが、一般的には自宅で安置するケースが多く見られます。ただし、マンションなどの集合住宅ではスペースの問題から火葬場や葬儀社の安置所を利用することが多くなっています。座間市の火葬場で安置所に限りがある場合は、その他の場所が利用できるか事前に検討する必要があります。火葬場を始めとした施設の利用では、事前に申請するルールになっているので、宗教や宗派、棺の大きさなどの情報も合わせて提示することになります。葬儀の準備にある程度の目安がたってから、座間市の公営仮想上に申し込むと利用しやすいでしょう。葬儀そのもののしきたりに関しては、ごく一般的で従来型葬儀なら納棺してから斎場にて通夜・葬儀・告別式が行われます。出棺後に火葬場へ行って遺骨を引き取る流れです。強いて特徴をあげるなら、通夜の後に提供する通夜振舞いには、冥福を祈る意味で必ず口をつけるのが礼儀だと言われています。通夜振る舞いは、親族だけでなく焼香のみの参列者にも提供していますので、この点だけ注意しておけば十分でしょう。また、近年増加している家族葬でも対応可能な業者が座間市にも増えています。不明点を相談しながら進められるので、専門家のサポートを利用するのも良いでしょう。

Copyright© 2017 故人を見送るには気持ちを込めた葬儀|悔いのない最後を見届ける All Rights Reserved.